敏感肌の方にはセラにミドが効果的な理由?

 

肌が不安定な状態をゆらぎ肌と呼びます。

ゆらぎ肌の具体的な症状としては、まず最初に今の時期ですと乾燥が挙げられます。

ゆらぎ肌は肌の保守機能が低下しているため、乾燥がひどくなりファンデーションのノリや持ちが悪くなったり、肌の表面に白い粉吹きが現れたりします。

また、肌が不安定な状態になると、ニキビもできやすくなります。肌のターンオーバーが遅れると 古い角質や皮脂、化粧品の油分が毛穴に詰まりやすくなりニキビの原因となります。

肌に赤みやかゆみが出てくることも、肌がゆらいでいる証拠です。肌の保守機能や免疫力が落ちているときに外部から刺激を受けると、赤みやかゆみがおこることがあります。

 

どうしてセラミドは減っちゃうの?

 

そんなトラブル肌に必要な成分がセラミドです。健康な肌には元々たっぷりと含まれており、肌はしっとりしています。

しかし残念ながら、加齢や気候の変化によってセラミドの量は減ってきます。量が減るとうるおいがなくなり、肌が乾燥して不安定な状態になってしまいます。

よって、肌がゆらぐのを防ぐためには乾燥対策が必要、つまり保湿が重要ということになります。

セラミドは、外部から塗布する成分の中で一番効果が期待できるとも言われています。

セラミドが含まれる基礎化粧品、化粧下地が近年多く発売されています。今話題のコンシダーマルもセラミド配合のオールインワンゲルです。コラーゲンやヒアルロン酸に特化した製品も多いですが、肌の保湿に重点を置きたいのであればセラミド配合のコンシダーマルに注目すべきです。

保湿に力を入れて、肌には過酷な環境であると言える冬を乗り切りましょう。

参照:https://www.redhandprints.com

 

保湿は美肌への一歩!保湿の重要性について

 

人は誰しも、年齢を重ねるごとに肌の悩みとは無縁でいられなくなります。若い頃から肌にトラブルを抱えていた人はもちろん、美肌でトラブルと無縁だった人も、加齢による肌の衰えに直面します。その典型的な症状がシワやたるみです。

目尻のシワやほうれい線はそこにあるだけで人の容色を衰えて見せてしまいますし、顔の一部や全体がたるんできてしまうことで、老けた印象が拭えなくなってしまいます。肌の見た目と見た目年齢は直結しています。人は第一印象で相手の年齢が大体どれぐらいであるかを判断していますが、衰えた肌だと実年齢より高く、逆に若々しい肌だと若く思われることになります。

若々しい美肌を保つことが見た目年齢を下げるために重要ですが、そのためにもまず大切なのが肌の保湿です。保湿がなぜ重要かというと、肌トラブルの原因の多くに保湿不足があるからです。たとえば、人の顔はほうれい線が入ると一気に老けた印象になってしまいますが、ほうれい線とは表情ジワが年齢によって肌に刻まれて定着してしまった状態です。水分を十分に含んだ肌であれば、弾力に富み表情ジワを元に戻すこともできますが、保湿不足の乾いた肌だと表情ジワがそのまま刻まれてしまいます。

その繰り返しによって、ほうれい線がより深く定着していってしまうのです。若い肌だと補わなくても十分に水分を含んでいますが、一定の年齢以上になると外部から化粧水で補ったあと、乳液やクリームで肌に定着させる保湿ケアが大切になってくるのです。

 

乾燥肌対策は一に保湿、二に保湿

 

乾燥肌は様々な肌トラブルを起こしやすい状態ですので、乾燥対策さえしっかりと行えば多くのトラブルを予防することにもつながるのです。そこで重要なのが確実に保湿をしていくことです。潤いが足りていない状態ですからスキンケアも保湿を中心に行うのが乾燥に悩まされてないための基本と言えます。

ただし保湿をする際には注意しなければいけないことがあります。まず刺激になるコスメは使用しないことです。すでに乾燥肌になっている場合、肌がデリケートになっていますので刺激をより受けやすい状態です。そんな状態にも関わらず刺激になるコスメを使用してしまうと逆効果になることがあります。肌に対しての安全性が高いコスメでケアをすることが重要ですので、低刺激で使用できるコスメを用意しなければいけません。

次にセラミドを意識したケアをすることです。セラミドは肌の内部で水分を抱き抱える役割を持つ大切な脂質ですが、不足している状態ですと乾燥しやすくなります。保湿の方法として化粧水をつけてクリームで蓋をするというのがよく勧められていることもありますが、セラミドが不足しているとそうしたケアは殆ど意味がありません。重要なのは肌内部から潤いを持たせることですので、セラミドを補うことから開始するのが上手な乾燥肌対策と言えるでしょう。

なお、セラミドには種類がありそれぞれで効果にも違いがあります。特に良いとされているのはバイオセラミドで、人間が持つ天然のセラミドと同等の化学構造を持っています。

そんな保湿対策に最適なのがメディプラスゲルです。オールインワンゲルでお肌に負担をかけずにしっかり保湿していくことで潤いをキープしてくれます。

酵素洗顔の正しい使い方とその効果?

洗顔しているときにざらつきが気になる、洗顔後もよく見ると毛穴の黒ずみがとれていない、そんな悩みを抱えてはいませんか。そんな方にお勧めなのが酵素洗顔です。

酵素洗顔はお肌のたんぱく質や脂肪を分解し、毛穴の汚れをすっきりと落とすことができます。毛穴が詰まった状態だと、せっかくの化粧水やクリームの美容成分が肌にしみこんでいません。何を付けてもあまり効果がない、ということになってしまいます。また、毛穴トラブルからニキビや肌荒れも引き起こし、ますますこじれた状態になってしまいます。

酵素洗顔料の使い方は、簡単です。酵素洗顔料はパウダータイプのことが多いので、適量をとりぬるま湯でしっかりと泡立てます。ここで大切なのが「ぬるま湯」で「しっかり」ということです。お肌のたんぱく質や脂肪は冷水よりもぬるま湯程度の温度のほうがなじみやすく、溶けだしやすいのです。毛穴を緩めた状態でしっかりと泡立てたものを使用すれば、細かな泡が毛穴に入り込み、分解しやすくなります。まだパウダーの粒が残っているのにごしごしこするのはNGです。ピーリングではないので、使い方を誤ると効果も半減してしまいます。パウダーの粒が感じられなくなるくらい泡立てて、お肌にそっとなじませるように使います。

酵素洗顔をした後はたっぷりと保湿や美容成分を浸透させましょう。一日の汚れをすっきりと落とす夜に行うのが理想的です。また、はじめは週に1回程度で様子をみて、お肌の状態がよくなってきたら3日に1回に増やすとトラブルが少ないようです。急に汚れが落ちすぎるとターンオーバーのサイクルが乱れるので、徐々に慣らしていきましょう。