敏感肌の方にはセラにミドが効果的な理由?

 

肌が不安定な状態をゆらぎ肌と呼びます。

ゆらぎ肌の具体的な症状としては、まず最初に今の時期ですと乾燥が挙げられます。

ゆらぎ肌は肌の保守機能が低下しているため、乾燥がひどくなりファンデーションのノリや持ちが悪くなったり、肌の表面に白い粉吹きが現れたりします。

また、肌が不安定な状態になると、ニキビもできやすくなります。肌のターンオーバーが遅れると 古い角質や皮脂、化粧品の油分が毛穴に詰まりやすくなりニキビの原因となります。

肌に赤みやかゆみが出てくることも、肌がゆらいでいる証拠です。肌の保守機能や免疫力が落ちているときに外部から刺激を受けると、赤みやかゆみがおこることがあります。

 

どうしてセラミドは減っちゃうの?

 

そんなトラブル肌に必要な成分がセラミドです。健康な肌には元々たっぷりと含まれており、肌はしっとりしています。

しかし残念ながら、加齢や気候の変化によってセラミドの量は減ってきます。量が減るとうるおいがなくなり、肌が乾燥して不安定な状態になってしまいます。

よって、肌がゆらぐのを防ぐためには乾燥対策が必要、つまり保湿が重要ということになります。

セラミドは、外部から塗布する成分の中で一番効果が期待できるとも言われています。

セラミドが含まれる基礎化粧品、化粧下地が近年多く発売されています。今話題のコンシダーマルもセラミド配合のオールインワンゲルです。コラーゲンやヒアルロン酸に特化した製品も多いですが、肌の保湿に重点を置きたいのであればセラミド配合のコンシダーマルに注目すべきです。

保湿に力を入れて、肌には過酷な環境であると言える冬を乗り切りましょう。

参照:https://www.redhandprints.com