アンチエイジング 美肌

美容液は塗れば良いというものではない!正しいアンチエイジングを

アンチエイジング,美肌

 

美肌をキープするためのスキンケアは欠かせませんが、化粧品の目的や使用する順番を間違えることで、正しいアンチエイジングができないことがあります。

 

例えばクレンジングや洗顔料は、メイクや肌の汚れを落とす目的があります。

 

化粧水は、洗顔によって失われた水分や潤いを肌に与える目的があります。

 

乳液やクリームには油分を補うという目的があります。

 

ではスキンケアで使用している人も多い、美容液にはどんな目的があるのでしょうか。

 

美容液の目的は、有効成分を肌に浸透させるという目的があります。

 

美容液にはアンチエイジング目的とした、保湿、美白、エイジングケアなどのための有効成分が凝縮されています。

 

化粧水や乳液では肌の奥まで浸透させることが難しい成分も、悩みに応じた美容液を使用することで高い効果を得ることができます。

 

ですから、美容液を塗る順番としては、化粧水の後となり、その後浸透した美容液が蒸発しないよう、乳液やクリームでフタをするということになります。

 

また美容液を塗るときには、手のひらに適量取り、気になる部位に手で押さえるように浸透させましょう。

 

肌に刺激を与えないように塗ることが大切です。肌に刺激を与えないためには擦るのを減らすことができる「メディプラスゲル」がオススメです。

 

肌の負担を減らすことで潤いを取り戻すことができるメディプラスゲルは、多くの愛用者から支持されています。

 

まずはメディプラスゲルの口コミをチェックしてもいいかもしれませんね。

 

シワや乾燥など、気になる部分には重ね付けすることもおすすめです。

 

何歳から使うのがよい、というのはありません。

 

人によって悩みは異なるので自分の目的に合った商品選びが大切ですが、20代からでもスキンケアに取り入れると良いでしょう。